WordPressをSSL化したときにフォントが変わる問題

WordPressをSSL化したところ、ブログテーマの一部フォントが変わる(こじゃれたフォントだったのが普通っぽいcenturyみたいなのになってしまう)という現象が起こりました。

いろいろ調べてみると、そのテーマが外部のフォントを指定している箇所で、ソースの指定が非SSLの場合、つまり “http://~”で指定されていた場合、SSL化された本体サイトから参照できなくなるようでした。細かい仕組みは不明。「こっちはSSL化したんだから、SSLじゃないひととはもうつきあえないよっ!」って感じなんですかね、イメージ的に。偉そうに。

ということで、外部フォントを指定している箇所の “http://~” に小文字の”s”を一つ入れて “https://~” にすれば解決です。このブログのテーマの場合、”functions.php” の中でGoogleのフォントAPIを指定している箇所が非SSLでした。

WordPressの管理画面からだと「概観」→「テーマの編集」で、外部フォント指定箇所を探して修正します。FTPで直接ファイルをダウンロードして書き換えて、上書きアップロードしても同じであろうと思われます。

テーマが最初から外部フォントをSSLで指定している場合は問題が起きないようです。