Movable Type 5 を調査中

厳密にはMTOS(Movable Type Open Source) の最新のバージョンですが、4系から随分と変わっているみたいです。

大きいのは、今まではブログが1単位だったものが、5系からはウェブサイトという単位がベースとなり、この下にブログを複数設置したり個別ページを作ったりと、単なるブログサイトではないウェブサイト全体のCMSになっている、という点です。

これまでも複数ブログ設置して、マルチブログのプラグインを入れて、親ブログはトップページくらいで、という構成でもやろうと思えばできましたが、やはりシステム自体にそれが仕組み化されているほうが便利かと思います。

最近はもうWordPressかなーとか思って、こちらのブログもWordPressなのですが、まだまだMTも面白いですね。

ノートPCのHDD交換しました

つい先日、ノートPC用の2.5インチHDD(320GB)を購入しまして、ThinkPadのHDDを交換しました。元々が80GBでしたから、実に4倍。Cドライブだけだったのが、データ専用領域も作ることができました。

2007年にThinkPadを購入した当時は、80GBならまぁまぁの容量でしたが、デジカメデータが30GB、iTunesの音楽データが25GBになり、常にHDD残り容量5GBくらいの日々が続いていました。古いデータは外付けHDDに移してPCからは削除して、とかなんとかメンテしていたのですが、面倒だし次から次へとデータ増えるし終いには外付けHDD飛ぶし、思い切ってというか衝動的にHDD交換をしてしまいました。

でもすごく快適で、目一杯データ入れても200GB以上余っているんですよ。iTunesから泣く泣く削除したMP3ももう一度入れなおそうかと思ったりして、PCの前に座っては浮かれ気分で仕事をしています。

写真データも動画データもどんどんベースの容量がアップしていきますが、それと同じくらいの速度でHDDも容量が増えて安くなっていくので、データの削除などは考えずに、スペックアップに乗っかっていけばいいと思っています。

1997年に初めて買ったWindows95のマシンはHDDが1.6GBでした。ほんの10年少し前ですが、隔世の感があります。その頃に作った文書や画像のデータって、せいぜい数十MBから百MB程度。わざわざ整理に時間をかけるより、そのまま残しておいたほうが早いかな、と。

ちなみにデータの移管に当たっては、HDDのパッケージの付属ソフトで、イメージをまるごとバックアップして新しいHDDに乗せたので、全く環境を変えることなく使えています。

前回HDD交換したのは2000年前後、たぶんデスクトップPCのWindows2000のリカバリーだったと思います。その時はHDD交換してWindowsインストールして、ちまちまデータ移してアプリケーション入れて、というベタな作業をやっていたので、こんなに楽なものがあるとは・・・と驚いています。

HDDをバルクで買うとそういったソフトはついていませんが、BUFFALOやアイ・オー・データなどのパッケージを買えば、簡単にOSごと移行できるソフトがついています。なんといっても楽なので、そういったソフトをお持ちでなければ、一度はパッケージモノを買っておくと良いかと思います。

これからiPhoneでやりたいこと

昨日の続きになりますが、iPhoneをより活用するために、これからやってみたいことをリストアップしておきたいと思います。でも実際、なんだか面倒だったり億劫だったりでなかなか進まないのですが。

iPhoneとGmailのアドレスデータを同期させる

いきなりですが、これは結構難しいです。まずGmailではフリガナの入力欄がないため、日本語でのアドレス管理が面倒なことになります。姓に漢字で姓名、名にフリガナ姓名を入れるなど、トリッキーな運用でカバーする方法があるようですが、スマートではありません。

現時点では、PC上のOutlookとiPhoneを同期させ、Gmailは別管理にしています。別に全部同じにしていなくても、よく使う2割程度のアドレスをおさえておけば、実質的にはほとんど不都合はないのですが・・・でもせっかくなら同期させたい!と思ってしまうのです。

しかしながら、Gmailのアドレス帳にフリガナフィールドが付加されない限りは、このままでは難しそうです。

iPhoneとPCのブックマークを同期させる

iPhoneのSafariとPCのSafariを連動させることは可能ですが、私はPCでChromeを使っているので、少し工夫が必要なようです。PCでxmarksというソフトを使って、ChromeとSafariを同期させ、Safariを通してPCとiPhoneでの同期を取る、という方法があるようです。

iPhone(Safari) ← iTunes で同期 → PCのSafari ← xmarksで同期 → Chrome

こんな感じでしょうか。いちおう理屈はわかっているのですが、なんだか面倒というか、あとiPhoneでよく見るページとパソコンでよく見るページが違うので、全部同期してもいいのかどうなのか、とか、そんなことも考えたりします。

iPhoneで名刺を管理する

これは名刺をスキャナでPDF化して、整理してiPhoneに入れるというやり方のようです。ScanSnapなど、名刺をスキャンできるハードウェアが必要なので、もうしばらくは先送りです。

でも、名刺を写真に取ってアルバムで保存しておく、というやり方もいけるんじゃないかな、とか思ったりしています。写真に取るときに手がプルプル震えたりしそうですが。

iPhoneでクラウド上のデータを利用できるようにする

Dropboxを使っているので、この中身を整理すればいいかな、と思っています。SugerSyncも入っているのですが、いまひとつ使い方がわかっていないので、インストールしてそのままです。聴くところによるとSugerSyncのほうが機能はいろいろあるようなのですが、Dropboxのシンプルな構成に慣れてしまうと、SugerSyncの使い方を理解しようとするのがとても億劫になってしまいます。

iPhoneでFTP?

これができたらほんとにノートPCやネットブック持ち歩かなくてもいいなと思うのですが、iPhoneからFTPを使って、HP更新ができないかな、と思っています。スポットですがHP制作の仕事をすることもあるので、これが出来たら本当に便利です。

とはいえ、HTMLやCSS、ときにはCGIも書いてアップロードする、というのは、さすがにiPhoneの小さい画面でどこまでできるかなあ、特に作業環境の快適さ的な意味合いで、という気はしています。あとiPhone内でのデータ保存って、Windows的なフォルダ構成をほとんど意識しなくていい、意識できない仕組みですし、あとはマルチタスクといっても画面を切り替えないといけませんし。

やはり、iPadが必要になるかもしれません・・・と将来の散財に向けて言い訳の布石をひとつ。

カレンダーアプリとToDo管理アプリをFIXさせる

最もよく使うアプリである、カレンダーとToDoリストを、「もうこれで決まり!」というレベルにして使いこみたいと思っています。今のところ、カレンダーはRefills、ToDoリストはgeeTasksですが、他にもいろいろあるみたいなんですよね。

主なカレンダーアプリ

  • Refills
  • さいすけ
  • Pocket Informant
  • CalenGoo
  • i手帳

ToDoリスト管理アプリ

  • geeTasks
  • Toodledo
  • OmniFocus
  • Things
  • Remember The Milk
  • Ringo ToDo
  • Appigo Todo

順番に試す気力はないので、まあ、今のままで使っていって、不満を感じたときにリサーチかなあ、という感じです。

今のところカレンダーはRefillsで不満はなく、ToDoリストはgeeTasksは、まあまあ良いんですが、強いて言えばもう少しいろんな属性をくっつけたりして、ソートや表示のバリエーションが欲しいところ。Toodledoが有力候補ですが、geeTasksがGoogleカレンダーと連動している、あのPC上でのGoogleカレンダーの表示をみると、やはりGoogle Tasksとの連動は手放せないなあと感じます。

iPhoneひとつで何から何まで

ここ一週間ほどで、iPhoneの活用度合いがさらに高まっています。何をしたかというと、以下の2点です。

  • RSSのチェックをiPhoneでするようになった
  • ToDoを全てGoogle Taskに入れた

RSSはこれまでパソコンにインストールしたソフトでチェックしていましたが、RSSのリストをクラウド化できていないことが気になっていました。そこでGoogleリーダーにRSSを全て移行し、iPhoneからも読めるようにしました。

以前も一度、Googleリーダーを使ったことがあったのですが、しばらくして、またパソコン上のソフトに戻ってしまいました。なぜかというと、ソフトのほうが動作が軽快だったからです。いくらGoogleリーダーがAjaxでページ遷移なしで閲覧できるとはいえ、パソコン上のソフトのほうが早かったのです。

しかしGoogleリーダーをiPhoneから読んでみると、その動作のもたつきはほとんど感じられませんでした。移動時間などのスキマ時間を活用できていることと、iPhoneでのページ遷移の動作(例えばSafariで別のページが開く際のアニメーション)が、スムーズに情報が表示されているような感覚を呼び起こすのかもしれません。

ToDoリストはEvernoteや紙ベースのものをやめて、すべてGoogle Tasksに入れて、それをGeeTasksというアプリで管理しています。スケジュールが切られているものについては期日を設定し、さらに一連の作業を分割したものを最初から入れておきます。

ここまでやっておけば、いつ何をやるべきかが明確ですし、Googleカレンダーと連動するのパソコンで作業をする際に、一ヶ月の作業が一目でわかります。Googleカレンダーで作業時間まで確保できればベストです。

という2点です。

ここからわかることは、何でもかんでもiPhoneに入れておくことで、iPhoneがより便利で使いやすいものになるということです。

まあ好みもあるのでiPhoneをどこまでの用途で考えるかは自由かと思いますが、電話としてつかえば電話なりの、メールを中心に使えばそれなりの、そしてモバイルオフィス化を前提とすればそれ相応のデバイスになっていく、というのがiPhoneなのではないかと思っています。

新しいことをやるにはエネルギーが必要ですし、何かとストレスがあります。私もまだ「面倒だなー」と思って出来ていないことがあるのですが、ま、楽しみつつやることが第一なので、ぼちぼちやっていきたいと思います。

これからやりたいこと

  • ブラウザのブックマークをPCとiPhoneで同期させる
  • Dropboxの中を整理する(iPhoneから閲覧しやすいように)

就職活動で大切なこと

日頃、大学生の就職活動を支援していて、「就活では◯◯が大切だよ」というようなお話をすることがあります。

もちろんそれは押し付けであってはいけない、あくまであなたはどう思うかわからないけれど私が思う限りにおいて、という前提のものでありますし、人によっては◯◯を変えることもあるので、唯一のものではありません。

ですが、よく使うフレーズは

「就活では、とにかく行動していくことが大切だよ」

というものです。なぜこういうことを言うかというと、

  • なんでもいいから行動に移せば結果が出る。結果オーライならそれはそれで良いし、うまくいかなければ次につなげるための材料になる。
  • あれこれ考えすぎて不安が大きくなってしまい、動けない場合も多い。行動しなければ先に進めない・・・。
  • 行動してみれば、案外、気が楽になったりする。
  • キャリア形成全般に言えることだが、動きながら方向性を考えていくアプローチは有効。

というようなねらいがあるからです。

ただ、どうしても疲れきってしまっているケースでは、ご本人が望めば、メリットやデメリットも踏まえて上で、小休止という選択肢があっても良いと思いますし、行動するためにはもう少し考えないといけない、という局面だってあります。そのあたりは、様子や反応を見ながら、動くことを望んでいないのなら、それはそれでその気持を大切にしてあげたいところではあります。

そこまでの抵抗がなければ、「とりあえず説明会行ってみて、そこでイヤだったら受けるの辞めたらいい」とか(次は「面接だけ受けてきて、イヤだったら・・・」と引き伸ばす)、「面接はうまくいかなくてもいいから、むしろ何か失敗してきて、どんな失敗したか教えて」とか、とにかく行動の成否はどっちでもいい、ということをあわせて伝えて、背中を少し押してあげる感じです。

その結果、案外うまくいったとか、行動したら自分の課題が見えてきて、悔しいから次こうやります、とか、前に進んでいくケースが結構あります。

もちろん何事も一概には言えないとは思っていますが、何でもありのキャリア形成、就活の中において、かなり確実に言えることのひとつが、「とにかく行動していくことが大事」ということではないでしょうか。

今回のお話は、現場のやりとりの中での経験と、クルンボルツ博士の理論、そして解決志向ブリーフセラピーなどがベースになっているのですが、理論的なところについては、いずれまた。

無線LAN/ADF付きプリンタが手頃な値段

今日も仕事のついでにヨドバシカメラに行っていろいろ眺めていたのですが、無線LANとADF(スキャナで連続読み取りができるもの)の機能がついたカラープリンタが2万円を切っていました。

無線LAN対応だと、プリンタをUSBとか何かでパソコンに接続することなく、無線の届く範囲であれば、どこからでも印刷が可能になります。ノートPCでいろいろな部屋に持ち運んで使うけど、プリンタは固定、という場合には最適です。小規模オフィスでも力を発揮するかもしれません。また配線しなくていい、というのは想像以上にメンテナンスが便利です。

欠点としては、電子レンジの使用時には無線LANの種類によってはつながらなくなること、あとは暗号化方式、つまりセキュリティの進化が速いので、ある程度そのあたりに詳しくなければ、セキュリティ上の不安を抱えることになること、最初の設定は有線をつなぐだけよりも手間がかかること、などでしょうか。

ADFは複数の書類を読み込んでPDFにする時などに便利です。最近は本を丸ごとスキャナにかけてPDF化するのが流行っているようですから、ちょうど良いかもしれません。(ちなみに専用機も出ていたりするくらいなので、それに比べるとさすがに使い勝手等は劣るかもしれません。)

いま私が使っているのは3年前に買ったエプソンの機種で、当時としてはかなり上位モデルでしたがADFはなく、接続もUSBです。当時からADFはありましたが、最上位機種のみ。また無線LANはほとんどなくて、ようやく有線LAN対応が出てきたばかりでした。ヨドバシの店員さんに「ADFと無線LANが両方付いているやつはないですか?」と聞いて、「今のところ無いですねー」という会話をしたのを覚えています。

それが今では2万円程度。上位機種でも4万円を切る値段ですので、プリンタ買い替えをご検討の方は注目されるといいのではないでしょうか。

私も次回プリンタ買い替えのときが楽しみですが、プリンタって結構長持ちするんですよね。95年にパソコンを初めて買って以来、だいたい5~6年は壊れないので、CanonのBJC420、ブラザー工業の複合機、そして今使っているエプソンですので、まだ3台目です。

iPhoneの電卓で「2 + 2 × 2 = ?」

iPhoneに標準で入っている電卓ですが、以下のような特徴があります。

  • iPhoneを横向きにすると関数電卓になる
  • というか最初から関数電卓で、計算の中で掛け算と割り算が優先される。

後者については、こういうことです。

普通の電卓で、

「2」→「+」→「2」→「×」→「2」→「=」

と押すと、答えは「8」ですよね。前から順番に計算されていくからです。

しかし本来の算数では、掛け算と割り算が先に計算されるので、

2 + 2 × 2 = 2 + 4 = 6

となります。関数電卓と言われる種類の電卓では、このように正しく「6」が出力されるようです。そしてiPhoneの電卓は関数電卓なので、「8」ではなく「6」が出ます。

ということで、iPhoneの電卓を普通の電卓のつもりで計算していると、予想外のところで(というか本来はそちらのほうが正しいのですが)掛け算・割り算が優先されるので、注意が必要となります。

「2」→「+」→「2」→「=」-(ここでいったん「4」を出しておく)→「×」→「2」→「=」

という感じで打つと、「8」となります。

まあ、日頃から関数電卓を使っている方には当たり前かもしれませんが、私はちょっと焦ってしまいました。ご注意ください。

新しい産業カウンセラー育成制度

日本産業カウンセラー協会からの会報で、産業カウンセラー育成制度の刷新、つまり資格認定試験の変更が検討されているとの情報がありました。

現在、日本産業カウンセラー協会が認定している試験は3つあります。

  • 産業カウンセラー
  • シニア産業カウンセラー
  • キャリア・コンサルタント

まず最初の産業カウンセラーですが、産業カウンセラー養成講座(通学は1年、通信なら1年半程度)を受講するか、あるいは所定の受験要件をクリアして、筆記試験と実技試験を受けることになります。

その後はシニア産業カウンセラーとキャリア・コンサルタントのどちらにも進めるのですが、すぐに受験できるのはキャリア・コンサルタントのほうです。2ヶ月程度の講座を受けて、同様に筆記試験と実技試験があります。

シニア産業カウンセラーのほうは、産業カウンセラー登録してから3年経たないと受験できなかったと思います。その間にシニア受験のための単位を揃えておく形になります。

というのが現在の状況。

いま検討されている内容によると、まず最初の産業カウンセラーの試験を受けるための講座が、養成講座だけの現状から、入門講座(5日間/30時間)+新・養成講座(20日間/120時間)となり、受講時間が現行より21時間増えることになるそうです。これまでより、キャリア寄りの内容が厚くなるようです。

そしてシニア産業カウンセラーは段階を経て廃止となり、代わりに「エグゼクティブ産業カウンセラー(仮称)」が上位資格と位置づけられるようです。この新資格を得るには専門講座の受講が必須となります。また特記事項として、ベーシックエンカウンターグループの受講が必須になるそうです。

私見ですが、これまでのシニア産業カウンセラーの講座+アルファ、くらいのボリュームになるようなイメージでしょうか。専門講座の案を見ていると、これまではカウンセリングや心理学の手法や理論が多かったものが、対企業・対組織への働きかけができるような、いわばコンサルタント的、ファシリテーター的な内容が増えているような印象です。

あとキャリア・コンサルタントはそのまま・・・かな。特に明確な記述がありませんでした。

これらの案は2010年度中に議論され、2011年度の総会で決議とのことですから、新制度での養成講座や試験が始まるのは2012年度からかな、と思います。移行措置等はあるかと思いますが、受講・受験を検討されている方は、ご留意されると良いのではないかと思います。

私はシニアに向けてぼちぼち単位を揃えて行こうかと思っていたところなので、どうしようかなあ、というところです。ただ、受けた分は無駄にはならないような措置が検討されているようではあります。

iPhone純正バンパー

iPhone4には、持ち方によっては電波状況が悪くなるという問題があることはニュースでも度々出てきている通りですが、その対策として、AppleがiPhone4用ケースを無償提供しています。

受け取り方は、アップルストアの実店舗に行って受け取るか、あるいはiPhone4のアプリ「Case Program」を使って注文するか、いずれかになります。私はアプリから注文しまして、2週間ほどかかりましたが、本日到着しました。

最初、iPhone4はケース付けずにそのまま持つのが一番カッコいい!と思っていて、でもまあ貰えるなら一応申し込むか、という程度でした。

でも今日、試しにつけてみたら、やはりシリコン製ということで手にピッタリと落ち着く感じがとても安心感があって、これはもうケース付けて使おうと思った次第であります。

まあ、見た目的には、ケース無しのほうがスマートではありますが、今後長い間使い続けるデバイスなので、落としにくい、もし落ちても傷付きにくい、という実利も重要かな、と。

いくつかのバンパーの中から選べますが、私は純正バンパーのブラックにしました。

iPhoneのサイドをぐるりと囲むシリコン製のケースです。あくまでサイドだけで、裏面と表面はそのままです。サイドのケースの厚みの分だけ、手に持ったときの大きさが少し大きく感じられますので、もしケースをつけて使うことをお考えでしたら、なるべく最初からケースをつけておいたほうが、違和感は少ないかと思います。

うろうろするときのカバンの中身

昨年、独立したときにいろいろなものが入る大きめのカバンを買いまして、それ以来、中にいろいろ詰め込んで歩きまわっています。いつも常に肩が痛いのですが、どれだけいれてるんやろう・・・と、調べてみました。

入っていたのはこちら。

  • ネットブック(EeePC 1000HE) ・・・日によってはノートPC(ThinkPad T60)
  • Bluetoothキーボード(RBK-2000BTII)
  • モバイルルータ(Pocket WiFi/D25HW)と外部電源(eneloop KBC-L2A)
  • iPhone4
  • iPhone用イヤホン(純正ではなくてコンビニで買ったSONY製)
  • ネットブックやiPhone、モバイルルータの充電器(その日の予定によって)
  • メモ帳(ロディア No11)
  • ノート(ファミリーマートで買ったA5サイズの無印良品のノート)
  • スケジュール帳(ほぼ日手帳カズン)
  • 名刺入れ
  • 家族の写真
  • 筆記用具一式
  • 扇子
  • シャチハタ
  • 頭痛薬
  • 読みかけの本を1~2冊
  • ペットボトル
  • ハンカチとティッシュペーパー
  • ジェットストリームボールペン黒および3色
  • キャリアカウンセリング用のバリューカード(いつでも自己理解のセッションができるように)
  • 仕掛り中の仕事のファイル2件分ほど

なんかえらいたくさん入っていました。まあ、こういうおもちゃなど持ち歩いているので、興味ある方はお声がけ下さい。

そんで、例のBluetoothキーボードがあることだし、PC持ち歩くのは辞めようかと思っていて、そのための小さいカバンが欲しいなと思っています。いまはA3サイズの用紙が折り曲げずに入るという、こんなでかいカバンを使っているのですが、

電車の中とか、本屋とか、後ろを通る人に結構ぶつかるんですよねー。もうしわけない。